興信所の仕事と聞いて、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。

興信所の仕事と聞いて、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。対象にそれと悟られないよう追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、追跡する側はターゲットの行動を見越しておく必要があります。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのがこの仕事なのです。

探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再び浮気することもあります。

休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、携帯にロックをかけるようになったりして、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。

その前の浮気に対する処罰が寛大すぎたことが考えられますから、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が不可欠です。

32歳の主婦です。

6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。

しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚が本決まりになりました。

まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで養育していく責任があります。

感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、安全のために公正証書を作成しました。いざ尾行の調査を探偵に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、相手に露見するようなことは、まずありません。

また、意外なところでは、調査を依頼したことで振る舞いが微妙に不自然になってしまって、気付かれてしまったという事例もあります。

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、自然な振る舞いを心掛けるようにしましょう。

どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺のようなタチの悪い会社があったりしますから、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、堅実な会社に依頼すべきです。例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。

まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、説明をしてもらって納得できたら契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。

とはいえ現在は、ウェブを見ればきちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかは評判を集めるのは可能です。

お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、ただ高いだけのところをわざわざ使うような無駄も避けたいものです。費用と実績がうまく合致したところを見つける手間を惜しまないことが大切です。

参りました。

うちの旦那さんの浮気って、初犯じゃなかったんです。入籍する前から浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。

今さら知りたいとも思いませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。こんなにも直らないなんてあるんでしょうか。

あんな人と人生の伴侶としてやっていく気力というのがなくなってしまって、いいかげん別れるしかないでしょう。

探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。

それは尾行の調査で相手にその事実がなかった場合などです。

しかし日数ではなく、調査能力不足によって結果が出ないこともないわけではありませんから、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておく必要があるでしょう。それから、相談時に説明を怠らないのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。

なるほど、もっともです。しかしそこまで重たく感じる必要はないようにも思えます。

離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしても絶対的に有利というものです。

自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵業者に調査を依頼するのが最もストレスの少ない方法だと思います。常に相手が警戒している場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは無理というものです。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、何かと便利に使えるでしょう。

浮気相手がいることが分かったら、探偵を雇って調査してもらいましょう。いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、浮気相手と出かけているときの写真等、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です