ホームズやポアロは別として、探偵といえば、たいがいの人はひた

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、尾行する人間は相手の行動を冷静に先読みして予測しなければいけません。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、この仕事なのです。現実的な話、探偵に任される調査の大概は身辺調査だと思います。基本は浮気ですね。ちょっと気にかかることがあるから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠が明白であることが大事ですし、やはりプロの探偵に依頼するのがおすすめです。

普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。

いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、依頼先選びに苦慮するのは一般的なのではないでしょうか。個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、違法な会社や怪しいところでないかは、この番号を見れば確認できます。少なくとも会社のサイトや広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。

過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、劣悪な業者かどうかもユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。

代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、費用と実績がうまく合致したところを見つける手間を惜しまないことが大切です。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがありますから、ご注意ください。便利屋でしたら無届けでも開業できますが、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。管轄官庁による管理が必要なほど大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、なにげに不倫に進展する危険性が高いです。

以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから性別の垣根が取り払われるのでその時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに相手の様子がおかしければ、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。

いざ尾行の調査を探偵に依頼したあと、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。

調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、調査対象にばれるようなことは、まずないといって良いでしょう。

また、意外なところでは、調査を依頼したことで振る舞いが微妙に不自然になってしまって、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

調査完了日までは少なくとも、何事もないような様子で過ごすことが大事です。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、かつては無線発信機を使用していたのですが、いまは高性能GPSの利用が進み、昔の発信機と違って対象車両の追跡に効果を発揮しています。

近頃のGPSは精度も高くなっていて、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、相手車両の発見は容易になりました。高性能の小型GPSを設置することにより、追尾の成功率はグンと上がるのです。

探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。

事務所所在地や代表電話といった情報は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。

受付専任のスタッフがいて、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ見積書が作成されます。

費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。

見積りをもらってから、費用だけでなく内容もそれで良いかよく検討するといいでしょう。

はからずもご主人の浮気が露見した場合、さしあたっては今後の動向を考えるために気持ちを静めて冷静になるよう努めましょう。

浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、離婚と慰謝料という問題も考えなければなりません。

夫婦で話し合う時間を確保し、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話し合うと良いでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です