ほんの火遊びのつもりでも、その配偶者からしたら浮気は人生を揺

ほんの火遊びのつもりでも、その配偶者からしたら浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

そんな不埒な行いを野放しにすることはできません。不倫の証拠収集というと身近なところでスマホや携帯電話ですよね。メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。

SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこから浮気がバレるといったケースが増えています。

もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらとチェックしたり、こそこそ更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると疑ったほうがいいかもしれません。配偶者の態度とSNSはある意味、浮気の指標になるかもしれません。

パートナーの浮気に気づいたら、その裏付けをとる必要があります。あきらかな不倫の証拠というと、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判で確実に証拠になるようなものを手に入れるなんて行為は、困難でしょうから、探偵を雇うなどのプロのワザも考える価値があるのではないでしょうか。

探偵御用達のツールとしては、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、いまは高性能GPSの利用が進み、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど調査対象の追跡性能がアップしました。

昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加で料金を請求されたという事例もあります。

その時は、まず契約書を確認しましょう。

そこには別途料金を請求することについて記載されています。そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解することは、トラブル防止に役立ちます。もし不明な点があるのなら、契約する前に納得がいくまで質問するのもおろそかにしてはなりません。

尾行の調査などで探偵社に依頼する前に標準的な料金に関する知識が不足していると、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。

おおむね時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と想定していると間違いありません。

期間(時間数)が増えたりすれば費用はかさむので、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。不倫調査で興信所を利用するなら、妥当な価格というものを知識として身に着けておきましょう。割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところに引っかからないためにも必要なことです。

また、安価な価格設定で顧客を誘い、よくわからない諸経費や天候割増など、多数のオプションが付加されることもあるため、追加料金の発生条件等も、納得がいくまで確認すると良いでしょう。

たちの悪い興信所にあたってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。

営業所に話をしにいった際、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は注意したほうがよいでしょう。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、悪徳業者にはよくあることです。

しっかりした探偵社なら、そんなことはしないはずです。

探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは不倫の証拠集めで相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

とはいえ、単純に探偵の調査が至らず証拠をあげられないというケースもないわけではなく、興信所や探偵会社のクチコミを契約前に確かめておく必要があるでしょう。そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。探偵業者に回ってくる依頼の多くはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。

なんとなく行動が怪しいから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、証拠の精確さが大事ですから、その道のプロを利用するのが賢い選択でしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です