勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、あくまでも個人的な事

勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのようにクビにするというのは難しいといわざるを得ません。とはいえ、就業規則上の、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったものに相当すれば懲戒もありえますが、まあ現実では訓戒程度で、処分といえるほどのものはなく終わることが多いようです。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。

営業所に話をしにいった際、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は危ないと思ってよいでしょう。一度断ったのに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。

まともな探偵社や興信所であれば、けしてそのような行為はありません。

SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこから浮気がバレるというパターンも多くなりました。パートナーが以前に比べ頻繁にSNSをチェックするそぶりがあれば、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っている可能性が高いです。

相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、ある意味、浮気の指標とも言えます。

そうしょっちゅうあることではありませんが、尾行の調査で探偵を利用した際、金銭面で揉めたパターンもあります。あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファでよく分からないオプション料金や経費が生じていて、あわてて契約の解除をしようにも、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。

契約書にサインする前にチェックは入念にすることを強くおすすめする次第です。

料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、ほかのところを探せばよいのです。

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って顧客に売却する探偵の行動が法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。

平成19年に探偵業法が施行されるまでは、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブルを防止するために策定され、現在に至ります。

興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の規模によるところも大きいです。

全国各地を営業エリアとしているところは、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。

規模の大きなところは調査員はもちろん内勤の相談員などの育成に時間と費用を充分にかけていて、そういう点が調査成果や報告書の精度にフィードバックされてくるわけです。

パートナーの浮気でこれから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。よくあるものとしては、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、二人でラブホテルを利用している写真や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。

それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴などが不倫行為の裏付けとして認められることも多くなりました。もし配偶者が浮気していた場合、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、意地の張り合いになり、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。ことによると裁判に発展する可能性もあるので、弁護士を頼んで問題のスムーズな進展を目指していくというのも手です。

略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。

100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。

ただ自分がそうしたいからという理由で、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、うまく結婚したところで、自分たちの事情がばれるの怖さに嘘をついて暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。

不倫相手と結婚したって、再び不倫にならないとも限らず、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。

特に尾行の調査なんて要らないと思われるかもしれません。でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、男だらけの職場でも用心してかかったほうがいいのです。

そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。疑わしい様子なら、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的にも負担が少ないと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です