探偵に尾行の調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心

探偵に尾行の調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。

でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考える必要は実際のところ、ないと思います。

もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、肝心の証拠を押さえておけば不利にはならないですからね。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵調査を頼むのがいいでしょう。興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫関連の調査です。

それをベースに探偵の調査手法をおさらいしてみましょう。

普通の調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。

依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。

探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

32歳の主婦です。

6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。

つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、最終的に離婚という結論が出ました。これから女手一つで、この子たちを養育していく責任があります。感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士さんを頼み、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。配偶者の不倫行為により、離婚調停や裁判ということになれば、浮気していたという証拠がなければいけません。よくあるものとしては、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として採用されるケースがあります。探偵業を営むには特殊な免許資格は求められません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可された会社(個人も可)になることだけは省略できません。不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。

「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きはやはり人によって違ってきます。「私より他の女性を優先した」とか少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気したと言って怒る人もいます。ちなみに法律の上では、肉体関係があれば不貞行為になるものの、一般的には、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えたほうがいいです。自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に限って探してみると良いでしょう。

土地勘がある調査員がいるほうが調査に有利ですし、報告書の精度も上がるでしょう。それと、依頼内容次第では専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、オフィシャルサイトや電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の規模によるところも大きいです。

フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。

規模の大きなところは相談員や調査員の指導育成が徹底しており、当然ながら調査面にも表れてくると思います。不倫の証拠をおさえるための素行調査は、探る相手が顔見知りですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もはらんでいます。

探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、シロウトが行うよりずっと上手に浮気の裏付けがとれるというものです。

調査がバレてしまっては元も子もないのですから。

配偶者の不倫行為が発覚したら、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気持ちを静めて冷静になるよう努めましょう。不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、離婚と慰謝料なども勘案しなければいけません。相手と話し合いの場を設け、以後どうするか、きちんと話を詰めておきましょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です