探偵の仕事といえば、たいがいの人はひたひたと尾行

探偵の仕事といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。対象にそれと悟られないよう追跡しながら、依頼された証拠を得るまで調査するのです。

調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが「ごく普通の探偵」の業務です。実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、超リーズナブルなコストテーブルや均一価格でOKという会社もしばしば目にするようになりました。

そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあるので、もしそこに依頼するなら、価格や内容をよく確認し、トラブルにはまらないよう注意しましょう。通常の金銭感覚からすれば、尾行の調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように思う人が多いようです。でも、安さ重視で業者を選んでも、不倫の決定的証拠が得られなかったら、時間とお金の無駄遣いですよね。

大事なのは調査の能力の高さですが、高値設定のところほど、絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは実に悩ましいところです。パートナーの浮気で離婚調停や裁判ということになれば、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。よくあるものとしては、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。

近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりなどが不倫行為の裏付けとして認められるケースがあります。

夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手を否定しないこととかですね。要望やお願いはいっぱいありますが、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、家計のことで責めることもしません。

男の人のプライドを大事にして、妻としての外見への心配りも怠らず、女らしいふるまいを心がければ家庭内も円満で浮気される心配もないと考えているのですが、甘いですか?これから探偵業者を使おうと思ったら、まずは先に電話をかけてみましょう。

電話でスタッフと話してみて、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事業所へ行くという運びになります。

その場で打ち合わせをして信頼できる会社だと思ったら契約書にサインして、調査員へのGOサインが出されます。

依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、映画やドラマの探偵のような手法で行動調査を行っていることもあります。

行動追尾や張り込みは言うまでもなく、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、必要があれば周囲に聞き込みなどをすることもあります。

ただ、社内機密といって依頼者にも開示しない調べ方があり、結構ハードな世界のようです。

パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが一番です。不倫の相手のほうでは後先のことまで考えが及んでいないことも多いです。

慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるのです。

話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。

不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、性的な関係を持っていることを言います。

もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に賠償を請求することが可能です。相手が油断している間がチャンスです。

探偵業者に依頼して、パートナーの不倫の証拠を握った上、賠償請求を相手に突き付けることにより不倫関係を一気に解消させるというケースも多いです。

不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考える必要は実際のところ、ないと思います。

不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。

いずれにしても、肝心の証拠を押さえておけば不利にはならないですからね。

あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、その道のプロ(探偵)に相談することを推奨します。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です