世間的には離婚した際、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気してい

世間的には離婚した際、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

基本的に親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への参加度合いといった点がチェックされます。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかが優先されると考えて良いでしょう。探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫の有無を調べる追跡調査です。

探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合でおさらいしてみましょう。標準的な不倫調査としては、事前にクライアントから話を聞き、ターゲットの尾行をします。相手が警戒していることもありますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不貞行為の証拠を入手します。探偵を使ってまで尾行の調査する必要があるのかと思う人は多いでしょう。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、出会いがない現場だろうと安心してはいられません。

取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。

疑わしい様子なら、探偵を使って調査してもらうと、無駄に心配することもなくなるわけですし、精神的にも負担が少ないと思います。調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないというわけではなく、たとえば老舗探偵社や興信所大手などでは、支払いはクレジットカードでもOKです。

利用明細にはそれとわからないような表記を採用している会社も多いので、カードの使用明細によって調査対象である配偶者に分かることはありません。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、良い業者の目安ということにもなります。

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はその名称のみと考えていいでしょう。

両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しています。尾行の調査という点でいえば、特に気にすることはないということです。

と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、おのおのの会社で違ってくるので、事前に調べたり質問しておくことが大切です。

浮気がばれると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。

請求額は概ね、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなどかなりの違いがあります。

支払いが無理そうなら、現実的な支払額になるよう相談するのもありでしょう。

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、浮気のきっかけになるケースが多いことが知られています。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、学生時代のノリで当初は男女を意識せず、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。

クラス会が終わってから、パートナーの挙動に不審を感じたら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。

夫の浮気が心配で探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも結構ありますね。

物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、自分でもできるような気がしてしまいますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは経験が物を言う仕事です。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。

興信所が作成する調査報告書は、業者ごとにスタイルはさまざまです。

しかし、調停離婚や訴訟の場で使われるなら、なんでも証拠になるというわけではないので、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと困りますよね。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、目的に合った事業者を選定しておけば安心です。

当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、された側にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。許しがたい不貞行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。浮気の証拠といったら、色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です