話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」

話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。

浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、体の関係を持つことを指します。

もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料を求めることができます。

探偵を頼んでパートナーの不倫の証拠を握った上、慰謝料請求を送りつけることで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせることにも役立ちます。前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。

確証が欲しくて、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、けっこう業者さんって多いんですね。比較のために何社か連絡してみたのですが、もっとも相談員さんの対応が良かった興信所に頼むことにしました。

いくら浮気を疑っていても、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、やはりショックでしたね。里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

不倫に走るきっかけになることが本当に多いです。

以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性に対する警戒心が薄れ、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。

クラス会や同窓会後に配偶者が不審な行動をするようになったら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

許しがたい不貞行為を放置するというのは不可能でしょう。

相手の浮気を裏付ける方法というと色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。

ライン、メール、フリーメールなどを駆使して浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは不倫の証拠集めで期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、証拠をあげられないというケースもないわけではなく、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておく必要があるでしょう。

あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することも、良い成果を得るためには重要です。世間的には離婚した際、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。

倫理的に言うとそうかもしれません。

ただ、裁判所は違う考え方をします。裁判上の親権の判定では、同居の有無や子育てに対する積極性などを考慮します。

最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが最優先で考えられているわけです。旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。気をつけるべきなのは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家計のことで責めることもしません。男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、妻としての外見への心配りも怠らず、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、家庭内も円満で浮気される心配もないと考えています。このごろは技術が進み、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使ってかなりの精度で見つけることが可能になってきました。

GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使わせることさえできれば、ほとんどリアルタイムでどこにいるかを特定できてしまうのです。

法律に触れることはないので、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これを使ってみるのも手ですね。興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、依頼する際には費用が発生します。

調査員が行う作業いかんで料金は異なります。素行調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。

ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで費用は変わりますが、調査が長期や長時間になれば必然的に費用は多くなります。浮気していたことがわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。

どのようなものでも証拠になるというわけではなく、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。

また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴などが不倫行為の裏付けとして認められることも多くなりました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です