不倫調査で探偵を頼む場合、簡単に個人情報を開示

不倫調査で探偵を頼む場合、簡単に個人情報を開示するのはイヤと思う人はけして少なくありません。

依頼が確定するまでの見積り段階では、詳細な個人情報は不要という会社も増えていますから安心してください。

その後、調査を依頼するには契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは了承していただくほかありません。浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。それにはただストレートに聞いてみるだけでいいのです。

嘘を言うときには人はやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。

それに、ちょっと聞いただけでどんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。

心に負い目があると、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は分かります。

こちらが落ち着いているほど効果的です。

普通、離婚となると、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。

道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

裁判上の親権の判定では、生活を共にしているかどうかや育児への関与などを考慮します。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかがカギなのです。

不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、配偶者から「子供がほしい」と言われたというのが実は結構多いのです。いままで連れ添ってきた仲として後ろめたさを感じるようになったり、先のない不倫という関係に愛想がつきるということもあるようです。

もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。

念願だったパートの仕事。子供が10歳になったのを機に始めたのですが、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、つい浮気したんです。ずっと家庭から出ず、まったり主婦ライフを送っていたため、最近、様子が違うと、主人はすぐ気づいたようで、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められる事態になりました。これから探偵業者を使おうと思ったら、さしあたっては電話をかけます。

心配なら非表示でかけるのもOKです。電話口での相談で相手の応対を見て、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事務所まで出向くことになります。打ち合わせが済んで、信頼できる会社だと思ったら契約を締結し、そこでようやく、本当の調査が始まるのです。

広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。尾行の調査をしてもらおうと決めたところで、どこにしたらいいんだろうと悩むのが一般的なのではないでしょうか。

探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、届出をした正規事業者であるかはこの番号を見れば確認できます。だからこそ、そこのサイトや営業所、広告、チラシに認可番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを決め、事前によく話し合っておくことが重要です。

配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。

どこに主眼を置くかにより微妙に調査内容が異なってくる場合が多いからです。興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、最近は結構多様化してきていて、規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。明細書の記載に配慮したところも多いので、調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。

支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。

興信所に尾行の調査を依頼すると、映画やドラマの探偵のような手法で行動調査を行っていることもあります。行動追尾や張り込みは言うまでもなく、対象の行動半径や関係者を洗い出し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもすることもあります。

また、社外秘ということで公表されていない調査手法などもないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です